釧路の鮭

釧路の鮭

釧路港沿岸やロシアの海域で獲れる鮭は、釧路に住む人々の馴染み深い魚です。

4〜7月に獲れる鮭をトキシラズ、9月以降に獲れる鮭をアキアジと呼び、脂のノリに違いがあります。

脂がのって身がおいしいのは、春から夏に獲れるアキアジ。ハラスの部分が厚いものを選びましょう。

また、イクラを食べるなら秋ころがおすすめです。

イクラや鮭フレーク、鮭とばなどの加工品も充実しており、釧路の観光を賑わせる重要な資源となっています。

鮭の栄養と期待される効果

アスタキサンチン

鮭の赤い色素成分です。鮭は本来白身魚ですが、プランクトンの摂取により、身がピンクがかっています。

アスタキサンチンは強い抗酸化力を持ち、動脈硬化抑制やアンチエイジング効果が期待されています。近年ではアスタキサンチン配合の化粧品も人気があります。

たんぱく質

血液や筋肉、臓器など体を構成する組織の元になるのがたんぱく質。人が健康的に生きていくためには欠かせない栄養素です。

鮭を使ったレシピ

【釧路 鮭】グルメを紹介!

手ほぐし鮭フレーク

釧之助の鮭フレーク

おにぎりやお茶漬けにも大活躍の鮭フレークです。本物の鮭をほぐしているので、まるで切り身の魚を食べているみたいな自然のおいしさ。お子様にも安心して食べさせられます。

サーモンジャーキー

チーズ味もあります

黒こしょうがピリッと効いたサーモンジャーキーです。お酒のおつまみにぴったりの味わい。

鮭トバとは違った、モダンな味を試してみてください!

しゃけのパイ

ザラメのカリカリが美味しい!

ぷちどーるというケーキ屋さんが作っている焼き菓子です。

「お菓子に鮭?」と思うかもしれませんが、砂糖じょうゆの甘じょっぱい味がおいしいと人気があります。珍しいものが好きな方へのギフトやお土産にも喜ばれそうですね。