塩サバの南蛮漬け

塩サバの南蛮漬け

塩サバをカリッと揚げて、甘酸っぱい風味に仕上げた南蛮漬けのレシピです。

「南蛮」は外国から来たものを示す言葉なので、必ずしも南蛮が入っている料理というわけではありません。南蛮漬けは辛い料理ではないので、唐辛子を使わなくても大丈夫です。

青魚は鮮度が落ちやすく、ヒスタミン食中毒などの恐れもあるので、買ってきたらなるべく早く調理しましょう。

前日に作っておけば、味が浸透してより美味しく食べられますよ。

材料

作り方

下ごしらえ:塩サバは骨を抜き、4等分くらいに切る。みりんと砂糖、塩は合わせておきましょう。

① 玉ねぎは薄切り、セロリは斜め薄切り、ピーマン、パプリカは細切りにする。

② 塩サバに片栗粉をまぶして、油を入れた鍋で揚げる。(160℃から190℃へ途中で変更)

③ 別の鍋に油をしいて、玉ねぎを炒め、しんなりしたらセロリ、ピーマンを加える。

④ みりんと砂糖、塩を合わせたものを追加し、煮立ててから火を止めたらパプリカを加える。

⑤ すりおろした生姜(チューブでもよい)と、酢を加えて全体をひと回しする。

⑥ 揚げた塩サバに、⑤をかけて完成。すぐに食べない場合は全体を混ぜ合わせて漬けておく。

パプリカは生の食感を活かすために最後の方に入れました。生姜や酢も風味を出したいので加熱していません。

サバを揚げるときは、160℃の低温からスタートし、190℃でカリッと仕上げると焦げずになかまで火が通ります。

ブラックオリーブは飾りなので、ナシでもOK。使う場合は種抜きが便利です。



ギャバン ブラックオリーブ(種抜) 170g缶