手作り皮餃子

手作り皮餃子

粉から餃子の皮を作ると、時間が経っても柔らかいモチモチの餃子が仕上がります。

粉を混ぜて、寝かせて生地を伸ばすだけなので難しくはないはず…。

ただ、生地を成形するのに時間がかかるので、余裕のあるときにチャレンジしてみてくださいね。

餃子の中に包む豚のひき肉は、ぜひ阿寒ポークを使ってみてください。

材料

作り方

【皮】

① 薄力粉、強力粉をボウルに入れて、熱湯を注ぎゴムベラでまとめ、手でよく捏ねる。

② ラップに包んで30分ほど寝かせる。

③ 生地を分割して、麺棒で丸く伸ばす。

【餃子のタネ】

① 白菜は塩もみをして水分を抜き、水気が出たら絞る。ニンニク、生姜はみじん切り。

② ひき肉と①を合わせて、調味料を加えて手でしっかりと混ぜる。

③ 皮に②をのせて、具を包む。

④ 油をしいたフライパンに餃子を並べて火をつけ、小麦粉を溶かした水を入れて蓋をする。

⑤ 皮が透き通って、肉の色が茶色になったのが見えたら蓋をとり、中火〜強火でこんがりと焼き付ける。

羽はいらないよという方は、小麦粉を溶かさず水のみでもOKです。

手作りづくしのおいしさのつまった餃子をぜひご賞味ください。つけダレはお好みで。